SENBEI-BROTHERSとは?笠原製菓の新感覚の煎餅が人気!

この記事は3分で読めます

コンセプトが
「せんべいを、おいしく、かっこよく」って
何だろうって思いますが、
笠原製菓の兄弟でつくり上げた
新感覚の煎餅が最近人気が上昇中です。

東京で半世紀続く笠原製菓というメーカーの
ブランドが「Senbei Brothers」です。

 

損感覚の煎餅がどういうものなのか調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

SENBEI BROTHERSとは?

SENBEI BROTHERSとは、
そのまま直訳で煎餅をつくる
兄弟を意味してます。

しかし、普通の煎餅をつくるだけの兄弟が
騒がれる訳があるわけないですよね。

では、
なぜメディアや雑誌に取り上げられるように
なったのかというと、SENBEI BROTHERSは
自社での改革に着手した兄弟
だからこそつけられた名前なのです。

 

笠原製菓は東京の下町で祖父が立ち上げた
百貨店で販売される、高級路線の煎餅の下請け
として半世紀続く煎餅工場でした。

祖父から父へ、父から叔父へと続いてきた
家業を叔父が引退することとなり、
工場を閉鎖するという状況までいったのですが、
2014年に兄弟で継ぐことになったのです。

10年間弟の忠清が孤独で頑張っていたことを
知った兄が知って、
忠清の努力が報われた瞬間でもあります。

 

高級路線の煎餅の売れ行きが落ちてきて、
受注生産だけでは採算が取れなくなって
きた事が閉鎖するという要因だったのですが、

それを承知で家業を引き継ぐという
兄弟の意志が改革へとつながったのです。

 

兄弟の分担は兄の笠原健徳が
WEBデザイナーの経験を活かし
デザインと経営全般を担当、
弟の笠原忠清が10年間工場長として
やってきた技術を生かして、
商品開発と煎餅づくりをしていくこととなりました。

 

兄は20年間デザインの仕事に就いていたことを
活かしデザインやコストの無駄を省くことで、
より多くの人と共存できる煎餅づくりを
目指すために「SENBEI BROTHERS」を
立ち上げ自社での小売りをはじめた結果、
2年前の売り上げから15%アップしたようです。

 

スポンサードリンク

 

笠原製菓の新感覚の煎餅が人気!

笠原製菓の新感覚の煎餅がなぜ人気なのかというと、
パッケージがおしゃれです。

 

FireShot Capture 63 - Senbei Brothers - http___senbei.saleshop.jp_

兄の健徳が20年間デザイン関係の仕事をしていたのが生きていますね。

 

 

FireShot Capture 64 - 画像 2_8 :“カッコいいせんべい”と大人気!「_ - http___allabout.co.jp_gm_gc_460019_photo_1362237_

もともとは百貨店の高級煎餅だったので、
パッケージが変わるだけで煎餅が
身近なものへと変わるのですね。

 

煎餅の種類も下請け時代にはできなかった、
オリジナル商品の開発で今では20種類あるので、
お好みにより選べるのがことができます。

賞味期限が3ケ月で価格や煎餅の大きさと
パッケージデザインが差し入れにも
ちょうど良いと評判です。

 

煎餅づくりは手作り

百貨店のOEMをしていたので、
煎餅の製法も機会によるオートメーション化
かと思いきや、ほとんど手作りといってもいいくらいです。

 

鎌倉にも煎餅を目の前で焼いて
テイクアウトするという店がありますが
日曜・祝日には行列ができてます。

 

目の前で焼く手作り煎餅が人気なので、
手作り煎餅がSENBEI BROTHERS
によって世界に広がりそうですね。

 

煎餅の製作は弟の忠清が一人でつくっているのです。

一時は経営難に陥ったといっても一人で
こなすのは大変なのではないでしょうか?
と思うのですが自分の開発した商品を
つくるのが楽しいようで、大変だとは思っていないようですね。

 

SENBEI BROTHERSの煎餅はどこで買えるの?

SENBEI BROTHERSの煎餅は工場の直売
と船堀駅ですが、船堀駅前は不定期です。

催事販売とネット通販もあるようです。

 

工場の直売は

mise

住所 :東京都江戸川区船堀7-6-16
時間 :9:00~17:00
定休日:土・日・祝日

 

 

船堀駅 催事場は

場所:都営新宿線 船堀駅 改札前
日時:不定期

 

催事販売は不定期なのでFaceBookで確認した方が良いです。
日時:不定期(常時Facebookでスケジュール更新中)

 

SENBEI BROTHERSは
あちこちの百貨店から催事の依頼があるので、
世間にもっと広がっていきそうですね。

スポンサードリンク

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。