長井良太(つくば秀英)のドラフト指名は?出身中学やプロフィール!

この記事は2分で読めます

長井良太(つくば秀英)は中学時代はキャッチャーをしていて、高校1年の時からピッチャーに転向したのです。

中学の時は軟式野球だったので硬式野球歴は2年半でドラフト候補にまでなったのは驚きですね。投手になったのも高校1年の秋なので投手歴も2年には満たないのです。

長井良太(つくば秀英)の中学時代やドラフト候補になった理由について調べてみました。

スポンサードリンク

長井良太(つくば秀英)の出身中学やプロフィール

yjimage

・名前    長井良太(ながいりょうた)
・生年月日  1999年1月15日
・出身地   兵庫県神戸市
・ポジション 投手
・身長    181 cm
・利き腕    右投右打

長井良太は中学時代は。兵庫県の長田中学で軟式野球部でキャッチャーをしていました。

中学の時からプロへ行くために何をするべきか考えて行動していたようで、軟式野球と同時に野球の塾へ通っていたようです。

普通の選手は甲子園で活躍してプロを目指しますが、長井良太は甲子園へ行くことよりもプロになるためにどこの高校に行くべきか考えてつくば秀英を選びました。

活躍してアピールするのではなく、堅実にプロを狙うという考え方もすごいのですが、長井良太は高校1年の秋には126キロだったストレートが高校2年の秋には149キロまで出してしまったのだから驚きですね。

トレーニングはもちろんですが、プロの投球術を動画で何度も確認して自分のものにしている点もプロに行くという強い思いを感じます。

 

スポンサードリンク

長井良太(つくば秀英)のドラフト指名の可能性は?

長井良太のドラフト指名の可能性は非常に高いでしょう。

高校野球でよくある甲子園で活躍した選手が、プロに入って肩を痛めてしまい活躍できないまま引退するか、野手へ転向するということはありますが、長井良太に関しては甲子園に出場していないので肩への負担もない状態です。

天性の才能と努力を惜しまない姿勢がプロでも活躍できると評価されてます。

 

関連記事

2016年ドラフト会議で高校生上位指名の可能性が高い選手を予想!

2016年高校野球まとめ

さいごに

長井良太のように甲子園は通過点であり、目標はプロであると割り切って考えるのが良いのか、甲子園で活躍してプロへ行くのが良いのかは、それぞれの考え方でしょうが中学時代は無名で高校からの投手デビューで実績を作るには強い意志と努力が必要です。

プロで活躍することが目標の長井良太ですから、ドラフトに指名されれば一軍で活躍するのはまちがいないでしょう。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。